不動産の投資

不動産投資には、安定して現金の収入を得ることができることや、ローンを完済してしまえば、それ以降は家賃収入全てを得ることができ老後の年金としても利用できるなどのメリットがあります。また、家族がいるなどにおいては、万が一の場合に団信保険を利用することでローンの負債を考えることなく資産として残すこともできます。

不動産投資においては、事前に投資内容を良く理解をすることや、物件利回り、また、実際にどの位の金額を用意できるのかなど、いくつかの重要な要素がありますが、中でも投資対象となる物件の情報収集とその内容の確認は必要不可欠なものとなります。不動産投資では、実際に物件情報を入手して検討の材料を見つけなければその判断をすることは難しく、投資を始める前段階として物件情報の収集を行っておく必要があります。

まず、不動産投資の物件情報は、多くは不動産会社を通じて提供されています。ここでは、業者は売却物件の売主からの情報を預かり、それぞれの情報網を通じて購入希望者を募ることになります。一般的には、事前に物件探しの依頼を受けているような場合には直接紹介が行われ、そうでない場合には新聞広告やチラシ、インターネット等を等して情報の提供が行われることになります。

不動産物件情報の優先順位としては、最も仲介手数料が大きくなる自社で直接買主を見つけることがまず最初となり、次に広告等により買主を見つける場合、そして、他の不動産会社に情報を提供し、そこから買主を見つける場合の順になります。

不動産投資では、優良な物件情報を入手することが重要になりますが、入手をするには情報元や情報に近い位置にいる不動産業者を選ぶことが大切なことになってきます。不動産業者を探す場合には、ホームページや業界紙を見たり、また、実際に業者を訪問するなど様々な方法がありますが、実際に優良物件を探し出すことは難しい面があります。そのために、物件情報を得るには信頼がおける業者を選ぶ必要があり、懇意になることで優良な情報につながる可能性が高くなります。