不動産投資のキホン

不動産投資とは自分が所有する不動産を他者に貸し出して家賃収入を得たり、物件を安く購入し高く売却して利益を得ることを目的とした投資手法です。購入と売却による投資はそれなりにリスクを伴いますが、家賃収入を目的とした投資においてはデメリットよりもメリットのほうが大きく近年はポピュラーな投資になりつつあり、注目度も高まっています。メリットやデメリットなど基本的な知識を身につけて投資にのぞみましょう。

現在不動産投資を積極的に行っているのは若いサラリーマン層が中心です。ローンの審査に通りやすく、少ない自己資金からでも始めることができるのが主な理由です。大きな借金を抱えることになると言っても、毎月の返済は家賃収入でカバーでき、将来返済が終わったあとは毎月安定した家賃収入を手にすることができます。ローン利用時に団体信用生命保険に加入すれば万が一死亡した場合でも借金のない利益を生む不動産を遺族に残すこともできます。また不動産投資はインフレに対して抵抗力が高く、万が一貨幣価値が下がってしまったとしても経済状況に合わせた収入を期待することができます。節税の点でもメリットがあります。不動産投資は株式投資のように分離課税ではないため、他の所得と併せて損益計算でき、運用の仕方次第では節税対策にもなります。

ただ投資である以上デメリットも存在します。入居者がおらず空き部屋になってしまうリスクと家賃滞納など不良入居者のリスク、そして地震のリスクです。このリスク回避の基本的な対策は物件の立地選びや管理会社の選定に細心の注意を払う事、新耐震基準で建てられたマンションを選ぶことです。これらの対策をすることで、これらのリスクは最小限に抑えることができます。

不動産投資を始めるときの準備

投資の1つに不動産投資がありますが、ここでは現物の購入による方法が広く知られています。不動産投資は、基本的にはある程度のリターンを得ることができることと、保持している土地などにおいてその価値が0となることがないことから、投資商品としてはミドルリスクミドルリターンの商品とし...  気になる詳細はこちらから ⇒