はじめての不動産投資の注意点

不動産投資をはじめて手掛ける場合には、注意点に関して十分に認識をした上で手掛けることが大切なことになります。まず、投資そのものの性格を理解しておくことが大切なことになります。

不動産投資は、預貯金などと比べた場合にはリターンが良いものの、株式などに比べた場合にはリターンは得てして小さくなります。商品としては、いわゆるミドルリターンミドルリスクにあたり、ここでは、物件によっては賃料の低下や空室など、予定していた収入を得られない場合があることや、不動産価格の下落などで物件の価値そのものが棄損してしまう場合もあります。

また、非常にリスクは低いものの、例えば、火災や地震といった災害に遭遇する可能性もあります。

不動産投資の注意点としては基本的な用語の理解は、最低限行った上で取り組む必要があり、事前に学習をした上で業者等と話しをしてくことも必要になります。

実際の物件の購入に関しては、まず、利回りに注意をする必要があります。多くは表面利回りが示されており、ここでの利回りは購入価格と家賃収入のみで計算が行われています。

不動産では他に、修繕や税金といった諸費用も含めた上で利回りを押さえる必要があり、いわゆる実質利回りで捉える必要があります。次に不動産の状況があります。投資においてはキャッシュフローだけでなく資産価値に関しても考慮をする必要があります。それは、手じまいや価値が高騰をした場合の売却価格に大きく影響を及ぼすことになり、ここでの内容に関しては重要なものの一つになってきます。

知っておきたい不動産投資の落とし穴

現在、首都圏への人口流入の増加や、日銀のマイナス金利の導入による融資金利の低下により不動産投資が話題に上がっています。不動産投資は、投資の形態としてはミドルリスクミドルリターンの商品となりますが、例えばJリートひとつを取ったとしてもその利回りは高く、多くの投資セミナーも開催...  気になる詳細はこちらから ⇒

不動産投資のリスクについて

投資の1つに不動産投資がありますが、ここでは現物の購入による方法が広く知られています。不動産投資は、基本的にはある程度のリターンを得ることができることと、保持している土地などにおいてその価値が0となることがないことから、投資商品としてはミドルリスクミドルリターンの商品とし...  気になる詳細はこちらから ⇒