不動産投資の関連情報まとめ

不動産投資の関連情報まとめとしては、まず、利回りを上げることができます。不動産投資の利回りは表面利回りで表されていることが多く、投資物件の本当の実力は実質利回りでのみ知ることができるようになります。次に利回りに関してはエリアによっても大きな差が生じることがあります。

例えば、表面利回りでは東京の物件1564万円に対して7.5%となっており、大阪では1333万円の物件で8.06%となっています。また、愛知や福岡では、それぞれ821万円で12.06%、515万円で12.56%となり、北海道においては429万円の投資物件で15.9%と高い数値になっています。

不動産投資は様々な情報を理解や把握をした上で行うことが重要になりますが、他の金融商品との比較もその1つになります。タイプに関わらず金融機関への預金に関しては、現在、限りなく0%に近い数字となっていますが、マンション投資の利回りとしては5%近くの高い数値になっています。また、投資における不動産のオーナー割合には興味深いものがあり、ここでは、一般会社員が24%と最も高く、続いて管理職の会社員19%、会社経営者や役員で16%などとなっており、中には1%と少数ながら専業主婦のオーナーも存在しています。

不動産投資の情報としては、まず、重要なものとして立地条件に関しての条件があり、他にはミドルリスクミドルリターンであることや、取引には仲介によって両手取引や片手取引といった内容に関しても上げることができます。また相続税の対策としても比較的有効になるなどの内容があり、常に投資関連の情報を入手しておくことが大切になります。