不動産投資の豆知識

不動産投資では、ある程度の知識を身に付けてから行うことも大切なことになります。不動産投資における知識としては専門的な内容も含めて数多くありますが、投資を行う場合いは、まず、基本的な言葉の意味を理解しておく必要があります。不動産投資では、最も重要なものの一つに利回りがあります。ここでは表面利回りと実質利回りに関して理解をする必要があり、それは、最終的な利益にもつながるために大切なことになります。

まず、表面利回りは単純に年間家賃収入を物件価格で割ることで知ることができます。多くの物件表示はここでの利回りとなっていることが多く、落とし穴の1つとして認識をしておくことが必要です。

実質利回りは、簡単には年間家賃収入から諸経費を差引き、それを物件価格と諸費用を加えたもので割ることで算出をします。収入の指標としては最も重要な要素となり、ここでの数値が投資物件の実力を表すことになります。

初めて不動産投資を行う場合には売主と仲介に関しても理解をしておく必要があります。売主とは、広告主でもある不動産業者が自ら土地の購入をし、建物の設計施工を行い販売をします。ここでは所有者と売主の間に他の業者が存在しないために買主に仲介手数料は発生しないことになります。

仲介は売主と買主との間いに仲介会社が入ることになり、ここでは双方の取引条件を調整することで契約が成立した場合には仲介手数料が発生することになります。

不動産投資では、投資自体の特徴に関しての知識も必要となり、十分にメリットやリスクに関して理解をした上で投資判断をすることが重要になります。