不動産投資を始めるときの準備

不動産投資は、株などと比べた場合にその価値が全くの0とはならないことや、比較的安定したリターンを得ることができるために注目を集めており、特に現在の低金利においては投資先としての人気も高まっています。不動産投資には、現物を購入して行う方法と、例えばJリートに見られるように信託投資による方法がありますが、一般的には現物による方法が広く認識されており、特に、マンションの1区画を購入することで行う方法に関しては様々なセミナー等も開催されています。

不動産投資を行う場合には、まず、準備が重要になってきます。

1つ目としては、自分の年収や職業からどれくらいの融資が可能となるのかについて確認をする必要があり、それによって購入可能な物件を決めることができます。

次に、自己資金の準備があります。借入で購入代金の全額を賄う方法もありますが、この場合には返済に関するリスクが増えることになり、できるだけ自己資金を用意する必要があります。

3つ目としては場所の選定を上げることができます。投資場所を間違えてしまうと期待する利回りの確保をすることが難しくなり、場合によっては逆ザヤとなっていまいます。

また、投資のタイミングの見極めをすることも大切なことになり、十分に情報を入手した上で投資を行う必要があります。